肝臓の働きにタバコは悪影響

このページでは、タバコの主要な有害物質における肝臓への悪影響をまとめています。

 

 

お酒などは肝臓によくないのを知っていたけれど…という方も、タバコと肝臓との関係を参考にしていただけたら幸いです。

 

 

タバコが肝臓に悪い影響を与えるって本当?

タバコを吸うことでリラックスする一方で、罪悪感がついてくるという方は多いでしょう。
目を背けてはいけない肝臓への有害性が、タバコにはあります。

 

タバコに含まれている有害な物質

タバコを吸ったときに肝臓の解毒作用によって体外に排出される代表的な物質に「ニコチン」「アセトアルデヒド」があります。

 

ニコチン

「血管を収縮させて血行を悪くする」
ニコチンは、手足などの毛細血管はもちろんのこと、内臓の血行も悪くします
ニコチン自体を解毒する必要があるのに加えて、肝臓に送られる血液量が減少することで老廃物が滞留し、結果、疲れだるさとして表出してしまいます。

 

アセトアルデヒド

アセトアルデヒドはタバコにも含まれています。お酒を飲んだ時に体内で発生することを知っている方は多いかもしれませんが、タバコを吸うことによっても摂取してしまうのです。

 

・タバコの燃焼力を強める
・ニコチンを摂取しやすくする

 

これらの理由から、タバコにはアセトアルデヒドが含まれていますが、体内で解毒する必要のある物質なので肝臓に負担がかかります。ニコチンで解毒に追われている肝臓にアセトアルデヒドを加えれば、肝臓への負担は計り知れません。

 

意外と知られていないタバコの有害物質

 

タバコには、ニコチンやアセトアルデヒドだけでなく、多くの有害物質が含まれています。ひとつずつみていきましょう。

 

一酸化炭素

「肝臓に酸素が行き渡らなくなる」

 

肝臓は細胞が多く集まっている臓器です。細胞は酸素を得て活発に働くことができますが、一酸化炭素と酸素が結びついてしまうことによってその働きは阻害されます。

 

活発な働きができないと解毒の働きなどが弱まり、肝機能の低下全身への不調を発生させます。

 

ヒ素

「殺虫剤にも使われる有害物質」

 

ヒ素は肝臓の代謝に関する働きを阻害します。代謝がうまくいかなくなった肝臓は、悪い物質を蓄積してしまい、肝硬変などのリスクを高めてしまいます。

 

肝硬変を患うと、

 

・肝臓が小さく縮んで硬く
・代謝などの働きが鈍る
・将来的に肝臓がんのリスク増

 

不可逆的な病なので、予防がとても重要です。

 

アンモニア

「疲れや疲労を引き起こす原因物質」

 

肝臓が正しく働かない状態になると、高アンモニア血症という症状を起こします。

 

前述したように、アンモニアは体にとって有毒な物質です。食べ物から摂取したたんぱく質を分解する時にアンモニアが発生します。アンモニアは肝臓の働きによって尿素に変えられ、排出されます。

 

この働きがうまくできなくなると、肝臓の機能低下の症状として多い

 

・疲れ(疲労感)
・眠気
・体が怠い

 

などをきたしてしまいます。

 

肝臓の働きである「解毒」とは?

肝臓の働きのひとつに「解毒」があります。
有害物質を食べ物などによって体に取り込んだ時に、無害な物質に変えて体外へ排泄するために行われる働きです。

 

たとえば、たんぱく質を摂取するとアンモニアが副産物として発生しますが、このアンモニアは肝臓で解毒され、のちに排出されます。

 

有害物質は胆汁等に溶けやすい物質に解毒されて、尿や便と一緒に体外に出されます。便の色である茶色は、解毒された有害物質が胆汁に溶け出て排出されている色なのです。

 

こんな方法で肝臓の解毒作用が高まります

肝臓の解毒をサポートするにはどうしたらいいでしょうか。
「タバコを吸わない」「本数を減らす」というのが理想ですが、なかなかそうはいきませんよね。

 

しじみ汁を習慣にして

 

肝臓の機能を向上させてくれる「オルニチン」が入っている食べ物といえば、しじみです。とくに成分のしっかり出たダシを取れるしじみ汁はおすすめできます。
アンモニア代謝を促す作用があるので、肝臓の健康には必須です。

 

バランスのいいタンパク質が大事

弱った肝臓の機能を再生させるのがタンパク質です。たんぱく質といえば肉や魚かなと思いがちですが、豆類からも摂れます。良質なたんぱく質をバランスよく摂るように心がけましょう。

 

ビタミンCをしっかり摂取しましょう

喫煙によってビタミンCが失われます。ビタミンCの欠乏はがんの原因にもなるとも言われています。肝臓がんが心配という方はビタミンCも積極的に摂りましょう。

 

 

電子タバコ(IQOS)は本当に無害なの?

最近、話題を呼んでいる電子タバコですが、健康に対する影響はどうなのでしょうか。

 

電子タバコも有害物質は含まれています

電子タバコは煙も出ない上にタバコの葉や巻紙を燃やさないので一酸化炭素が出ません。タールも発生しないので、一見無害にみえます。
しかし、タバコにみられる有毒な物質がすべて発生しない、取り除かれている、というものではないのです。実際、煙からは有害な物質が検出されています

 

電子タバコの影響はこれからどうなる?

それでも電子タバコのほうが無害と考えられているのは「研究結果・母数の少なさ」からです。まだ流通開始の段階なので、健康被害が表立って言われることがないのです。
 
これから多く流通されるようになり、健康に対しての実態が明らかになっていくことが予想されます。

 

 

肝臓とタバコまとめ

 

タバコは肝臓によくない影響を与えてしまいます。
紙巻のタバコにはタール・ニコチンにとどまらず、一酸化炭素やヒ素のように多くの有害物質が含まれています。

 

有害であることは電子タバコでもそう変わらないであろうと考えられるので注意が必要です。
しじみやビタミンCなどの肝臓の働きを改善してくれる食材を積極的に摂ると同時に、肝臓に悪い影響を与えてしまう生活習慣を改善していくように注意していきましょう。

お悩み別リンク集

アルコールの影響

肝生検について

良い食べ物

>>クリック

>>クリック

>>クリック

症状

漢方薬情報

オルニチンの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック