お酒・アルコールは百薬の長?しかし肝臓には有害

こちらでは、お酒やアルコールの肝臓への効果や摂取から排出までの流れについて解説しています。

 

お酒やアルコールは社会に生きる方、特にサラリーマンであれば仕事をうまく進める上で必要な一部を握っています。しかし、

 

 

「飲み会を断るとあとに響く・・・」
「断る理由がなくて参加せざるを得ない・・・」
「断ると何を言われるか・・・」

 

など、飲みたくないのに飲まざるを得ない状況下は、ネガティブになる要因になります。さらに健康診断で指摘されていればなおさらのこと。
憂鬱な飲み会やお酒の席を、こちらのページで解消していきましょう。

 

 

お酒・アルコールを摂取すると、肝臓の細胞は攻撃を受ける

お酒は日本では「百薬の長」と言われ、健康にポジティブな印象がありますが、医学的にみればそうではありません。その原因となるのが、「アセトアルデヒド」です。

 

アセトアルデヒドはお酒を分解した副産物

アセトアルデヒドは、血液に取り込まれたアルコールが肝臓に運ばれ、「アルコール脱水酵素」と呼ばれる酵素によって分解されます(一次分解)。そこで発生するのが「アセトアルデヒド」です。

 

アセトアルデヒドの肝臓への影響

アセトアルデヒドは強い毒性をもつ物質です。本来であれば、アセトアルデヒドは「アセトアルデヒド脱水酵素」と呼ばれる肝臓内の酵素によって酢酸に変えられ、体の外に排出されます。

 

しかし、過度の飲酒や長期間の飲酒によって肝臓のアセトアルデヒド分解能力を超えてしまうと、アセトアルデヒドがもつ非常に強い毒性により、肝臓の細胞が死んでしまいます

 

アセトアルデヒドによる症状

 

・顔の紅潮
・頭痛
・吐き気、嘔吐
・頻脈
・血圧の低下

 

主に「悪酔い」の原因とされる症状が挙げられます。
意識を失うなどの症状は、急性アルコール中毒といい、脳機能がアルコールによって働きを阻害され、最悪の場合は死に至ります

 

 

アルコール性脂肪肝のリスク

アルコール性脂肪肝とは、お酒やアルコールを長期間摂取したことにより肝臓内の中性脂肪が過剰に蓄積された状態のことを言います。
お酒、特にビールや日本酒などには糖質が含まれており、消費エネルギー量が少ないと中性脂肪という蓄えやすい形に変え、肝臓に蓄積しはじめます。

 

自覚症状があまりないため、血液検査などで発覚する場合が多いですが、このまま飲酒の量や質を変えずにいると、アルコール肝炎へ進行するなど高いリスクを背負うことになります。

 

 

肝臓の解毒機能について

肝臓の機能のひとつに、「解毒」というものがあります。
アルコールは精神的ストレスを発散するとても良いツールですが、肝臓にとっては有害物質です。この有害物質を除去したり、無害にする肝臓の働きが「解毒」です。

 

解毒機能は、人間の生命活動を営む上でなくてならない機能のひとつ。
そして、その解毒の対象はアルコールやお酒だけではなく、薬なども含まれます。
日常的に薬を服用している際は、肝臓の解毒機能に負担をかけますので注意が必要です。

 

 

お酒・アルコールの影響を抑える成分

お酒・アルコールの影響を抑える成分をご紹介します。

 

亜鉛

亜鉛は新しい細胞を作るための材料になる成分のひとつです。肝臓の細胞はアセトアルデヒドの影響で死んでしまいます。肝臓は再生能力が高い臓器なので、通常であれば問題ありません。しかし、亜鉛などの細胞回復成分が乏しいと、死んだ細胞分の再生を行えず、慢性的な肝機能低下を招きます。

 

クルクミン

クルクミンとは、ウコンなどの成分に含まれる成分のひとつで、お酒やアルコールの分解をする解毒機能を強化してくれる働きがあります。
また、コレステロール値の低下作用も併せ持つので、中年以降の健康に力になってくれる成分です。

 

スルフォラファン

 

スルフォラファンは植物の成分でありながら、肝臓内の解毒酵素の活性化を促します
肝臓数値などにも働きかけ、数値を下げてくれる側面もあります。
菜の花などアブラナ系の植物、ブロッコリースプラウトなどに豊富に含まれる成分です。

 

 

お酒・アルコールへのサプリメントの有効性

サプリメントでお酒やアルコール対策を図る方がいますが、それはとても有効です。
お酒対策のためにしじみのお味噌汁を飲む方法がよく紹介されていますが、習慣的にお酒を飲む方がしじみばかり摂取してしまうと塩分が多い食生活になってしまう恐れもあります。

 

サプリメントであれば塩分はおろか、高カロリーや脂肪肝につながる「中性脂肪」を摂取してしまう心配もありません。その他にも、

 

・薬ではないので副作用の心配が無い
・1つではなく3〜4つの有効成分が配合されている
・食べ物で摂取するよりもコストパフォーマンスが良い
・毎日続けやすい

 

これらのメリットがあります。
その場しのぎではない、健康的な肝臓を意識している方ほど、利用しているのがサプリメントなのです。

 

 

「お酒とアルコールの肝臓への影響」の終わりに

 

お酒やアルコールを急にやめるというのは身体的にも、社会的にも大きい反動を受けてしまいます。
反動が原因で、結果的に休肝日や禁酒を行えずにずるずる肝機能を低下させてしまうことは避けなければいけません。

 

必要に応じて、食事・サプリメントで肝臓のための有効成分を摂取していくことをおすすめします。そして、お酒やアルコールの影響を緩和し、悩みによる心的ストレスを解消していきましょう。

お悩み別リンク集

アルコールの影響

肝生検について

良い食べ物

>>クリック

>>クリック

>>クリック

症状

漢方薬情報

オルニチンの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック