L-カルニチンで脂肪肝や肝臓への不安を緩和させましょう。

脂肪肝はなかなか症状が出ない病気だと有名です。
症状が出なければ病院に行きにくいですし、会社を休むのも気が引けますよね。

 

でも脂肪肝になる要因はすごく心当たりがある…
例えば、

 

 

「運動不足だけど、運動する時間が…」
「お酒のお誘い断りたいけど、なかなか言えない…」
「健康診断の肝機能数値が上がってきている…」
「メタボリックシンドローム数値が…」

 

一つでも当てはまる方には”L-カルニチン”で脂肪肝対策をするのがお勧めです。

 

L-カルニチンは脂肪肝や肝機能の働きを改善し、健康な体に導いてくれる成分です。
肝臓とL-カルニチンついて紹介してきます!

 

 

脂肪肝とL-カルニチンの関係

L-カルニチンは肝臓に直接的に働きかけるというよりも、脂肪肝の元となる「脂肪」に働きかける成分です。

 

L-カルニチンは体の中の脂肪を燃焼させエネルギーに変化させる「ミトコンドリア」へ脂肪を運ぶ役割があります。

 

蓄積されてしまっている脂肪もしっかりと見つけ運んでくれるので、既にお腹周りが気になっている方や中性脂肪値が気になっている方も諦めずに摂取することによって、効果を発揮できる嬉しいポイントがあります。

 

また、摂取することによって余分な脂肪を溜め込みにくくなるので太りにくく、痩せやすい体を作り上げられるので脂肪肝だけではなくメタボリックシンドロームへの悩みも解決してくれます。

 

 

「脂肪」に働きかけて多くの効果を発揮!

疲労回復効果とL-カルニチン

疲労の原因のひとつに、運動のエネルギーを作り出せてないことが挙げられます。脂肪を燃焼する原動力となっているL-カルニチンを摂取することによって、生命維持活動などのエネルギーを増加させ、疲れを翌日に繰り越さない体を作ることができます。

 

運動の効果をさらに引き出すL-カルニチン

少しの運動でも脂肪にしっかりと働きかけてくれるのがL-カルニチン。効率よく脂肪をエネルギーに変換し運動能力の向上への効果も期待できます。

 

記憶力向上にもL-カルニチン

L-カルニチンは脳血液関門を通過し、アセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質を高める作用があります。最近ではアルツハイマーの進行を遅らせる方法としても注目されています。

 

 

L-カルニチンを食べ物から摂取するには?

 

L-カルニチンが多く含まれる食品が「お肉」です。
特に赤身のお肉に多く含まれ、羊肉にも多く含まれています。

 

L-カルニチンが多く含まれる食品

 

・ラム(羊)肉
・牛肉
・豚肉
・鶏肉
・あさり
・アボカド  等

 

ラム肉以外は比較的スーパーで購入しやすい食品なので摂取しやすいのですが、牛肉はヒレ肉に多く含まれており、毎日食べることを考えると少々値が張ってしまいます。

 

豚肉や鶏肉も良いのですが「脂肪肝」を気にしてる方にとっては、カロリー脂質が気になるポイントになると思います。
ですから、サプリメントで摂取する方法がおすすめです。

 

脂肪肝を改善、緩和、予防するサプリやダイエットを目的としたサプリに多く含まれています。
通販やドラックストアなどで気軽に購入ができる商品なので、経済的にも調理の面からも、サプリの方がストレスなく続けられるという方が多いかもしれません。

 

 

L-カルニチンの摂取に関する注意点

サプリメントで摂取する場合

サプリメントの用法や用量を守らない場合は、

 

・嘔吐
・吐き気
・下痢
・腹部痙攣

 

などの症状が出る場合があります。

 

一般的な食事をしている場合は過剰摂取にはなりにくいので、サプリメントの説明書きを読んでから飲用してください。

 

食事から摂取する場合

多く摂取しようと張り切ってしまうと、食事を摂り過ぎてしまう場合があります。カロリーや脂質等も気にしないと、脂肪肝やメタボリックシンドロームが進行してしまいますから注意が必要です。

 

 

L-カルニチンは脂肪退治のプロフェッショナル

 

L-カルニチンを生活に取り込むことによって「脂肪」の燃焼を手助けし、脂肪肝やメタボリックシンドローム、ダイエットなど、脂肪が原因となっている悩みを改善してくれる嬉しい効果があります。

 

中年層が悩まれる脂肪の悩みにはL-カルニチンがとってもお勧めです。

 

L-カルニチンにも脂肪肝に効果のある成分を紹介していますので、ぜひ下記もご覧ください。

 

⇒こちらもチェック!【脂肪肝対策成分】一覧

お悩み別リンク集

アルコールの影響

肝生検について

良い食べ物

>>クリック

>>クリック

>>クリック

症状

漢方薬情報

オルニチンの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック