肝臓数値ALT・GPTを下げる方法を探していませんか?

このページは肝臓数値であるALT/GPTの数値に悪影響を及ぼす食事や生活習慣を知っていただくとともに、数値を下げるために取り組みたい食事方法や有効成分についてまとめています。

 

 

ALT/GPTが高くなってしまう原因には乱れた食生活運動不足などが挙げられますが、これまでの生活を見直すのはなかなか難しいものですよね。
仕事の付き合いや息抜きは必要ですし、我慢ばかりでは長続きしにくくもなります。

 

こちらではそのような『なんとかしたいけど、何もしないまま毎日を過ごしてしまう』という方にこそ見てほしいALT/GPT情報を解説しています。

 

『こんな成分を摂るようにすればいいんだ!』と分かればあなたの不安はなくなるはず。
無理せずに続けられる改善方法をぜひ、ご覧下さい。

 

 

ALT/GPTの基準値・数値上昇からみる肝臓リスク

ALT/GPTは肝臓に集中している酵素で、肝細胞が破壊されると血液中に流れ出します。
したがって、数値が高いときには肝臓でなんらかの異常があることが分かります。

 

ALT/GPTの基準値は30 IU/L以下となっています。
これよりも高い数値のときにはどんな病気が考えられるのでしょうか?

 

【軽度】上昇(〜100IU/L)になる病気

基準値〜100IU/Lの数値上昇が見られるときには、以下のような病気が考えられます。

 

・脂肪肝
・慢性肝炎
・肝硬変
・肝細胞がん
・閉塞性黄疸 など

 

ALT/GPTが100IU/L以下の場合、脂肪肝慢性肝炎の可能性が高くなります。
肝硬変肝臓がんは血液中に酵素が流れ出しにくいため、基準範囲内で収まることもあります。

 

【中等度】上昇(100〜500IU/L)になる病気

・急性アルコール性肝炎
・ウイルス性慢性肝炎
・自己免疫性肝炎
・薬物性肝障害
・原発性胆汁性肝硬変 など

 

100IU/L以上の数値を示しているときには、すでに治療が必要とされる肝障害があると考えて良いでしょう。
B型およびC型肝炎ウイルスによる慢性肝炎が炎症を起こしている場合、100〜500IU/Lの範囲内であることが多いようです。

 

【高度】上昇(500IU/L〜)になる病気

ALT/GPTが500IU/Lを上回ることもあります。

 

・急性肝炎
・劇症肝炎
・虚血性肝炎
・総胆管結石 など

 

これほどの数値になれば自覚症状があったり、意識障害が出たりするものです。
医療機関で適切な治療を受ける必要があるでしょう。

 

 

他の肝臓数値との関連情報【AST/GOT・γ-GTP・ALP】

 

ALT/GPTと同じく肝臓の異常を知ることができる検査項目には

 

・AST/GOT
・γ-GTP
・ALP(アルカリフォスファターゼ)

 

などがあります。

 

これらは、肝臓数値のバランスによって考えられる病気が異なりますので、ALT/GPTが気になるときには併せてチェックすると良いでしょう。

 

肝臓数値が急に上がった場合

ALT/GPTやAST/GOTといった肝臓数値が500IU/程度まで急上昇した場合には、以下のような病気が考えられます。

 

・急性肝炎
・劇症肝炎
・ショック肝
・重症心筋梗塞 など

 

ALT/GPTの数値だけが高い場合

ほとんどが肝臓に集中分布しているALT/GPTだけが高い数値を示すときには以下のような肝臓疾患が考えられます。

 

・脂肪肝
・慢性肝炎 など

 

AST/GOTの数値だけが高い場合

AST/GOTは肝臓だけでなく心筋や骨格筋にも広く分布する酵素です。
AST/GOTの数値だけが高い場合には、肝臓ではなく他の臓器に異常がある可能性もあります。

 

・心筋梗塞
・腎梗塞
・溶血性疾患
・筋ジストロフィー症 など

 

γ-GTPの数値も高い場合

γ-GTPはアルコールに強い反応を示すため、ALT/GPTとともに数値が高いときには主にアルコール性の肝障害が考えられます。

 

・脂肪肝
・アルコール性肝障害
・薬物性肝障害 など

 

ALPの数値も高い場合

ALPは胆汁の異常に反応するため、ALTやASTなどの肝臓数値とともに数値が高いときには胆道系の病気の可能性があります。

 

・胆汁うっ滞
・胆石
・胆道がん など

 

 

ALT・GPTに悪い食事や生活習慣とは?

ALT/GPTは肝臓に負担がかかっていることを知らせるサインのようなものです。
どのような食事や生活習慣が影響するのかまとめました。

 

肝臓に悪影響を与える食べ物

 

中性脂肪やコレステロールが多く含まれる食べ物は脂肪肝を引き起こし、肝臓の機能が低下しやすくなります。

 

・牛肉、豚肉などの動物性脂肪
・バター、マーガリンなどの脂肪
・お菓子、炭酸飲料水などの糖質

 

こうした食べ物は肝臓数値を高める原因になりますので、摂取量を控えめにしましょう。

 

アルコールによる影響

アルコールを分解したときに発生するアセトアルデヒドは毒性が強く、肝細胞の機能低下を引き起こします。
肝臓の代謝機能が正常に働かなくなることで脂肪肝のリスクを高め、肝臓数値にも影響してしまうのです。

 

運動不足

慢性的な運動不足が続くと体内に中性脂肪が蓄積します。
これもまた脂肪肝の原因であり、ALT/GPTの数値を上げてしまうことになります。

 

ストレス・睡眠不足

 

ストレス睡眠不足は交感神経を活発にし、肝臓を動かす役割をもつ副交感神経の働きを鈍くします。
また、血液量が減ってしまうため肝臓への負担が大きくなります。

 

 

ALT・GPTを下げる方法(有効な食べ物・成分)

肝臓に良い食べ物には肝機能をサポートする成分が豊富に含まれています。
ALT/GPTを下げるために積極的に摂りたい食べ物と、その成分について簡単に解説したいと思います。

 

しじみ

 

しじみは肝臓に良い食べ物の代表格で、特にアルコール・お酒を摂取するシーンが多い人にオススメです。

 

オルニチン

オルニチンはアルコール性疲労に効果的な成分です。
肝臓でのオルニチンサイクルに関わっており、アルコール分解を早めることで疲労感二日酔いなどの悩みを解消してくれます。

 

ビタミンB群

肝臓の代謝機能に大量消費されるビタミンB群が不足していると、慢性的な疲労を感じやすくなってしまいます。
脂質や糖質の代謝をサポートする成分でもありますから、ビタミンB群は毎日摂取するようにしたいものですね。

 

必須アミノ酸

肝臓にとって必須アミノ酸は欠かすことができない成分です。
中性脂肪を排出したり、脂肪燃焼作用によって消費するので脂肪肝の予防にもなりますし、老廃物を溜めこみにくくして肝臓の働きを活発にしてくれます。

 

牡蠣

 

栄養豊富な牡蠣もまた、肝臓に良い効果をもたらしてくれます。

 

亜鉛

肝細胞をつくる材料となる亜鉛は、肝臓が代謝機能を維持するために必要な成分です。
アルコール分解時には大量消費される成分でもあり、アルコールによる怠さや体調不良に効果的です。

 

タウリン

中性脂肪を排出する働きをもつタウリンは脂肪肝対策に有効な成分です。
肝細胞が再生されるときにも使われていますから、肝臓の健康を維持し続けたい方にぴったりですね。

 

グリコーゲン

グリコーゲンはエネルギーを産生する働きがあります。
肝臓や筋肉に蓄えられている量は少ないですが、食事からの糖質や脂質によるエネルギー供給が間に合わないときに消費され、肝臓の疲労回復に効果があります。

 

 

ALT・GPT対策サプリメントはどれがオススメ?

オルニパワーZnプラス

・初回特別価格500円
税込&送料無料でお得!
・業界トップクラス!オルニチン800mg配合!
・しじみエキス・亜鉛・アスタキサンチンのトリプル配合!!
・30日間の返金保証で安心!

価格

容量

評価

4,860円⇒500円(税・送料込)

1袋120粒(約30日分)

ALT,GPT,高い,下げる,

 

 

レバリズムL

・初回モニター価格980円!!
税込み&送料無料
・しじみエキス+牡蠣エキス+スクワレンで効果を実感!
・満足度97%!!

価格

容量

評価

5,980円⇒980円(税・送料込)

1袋90粒(約30日分)

ALT,GPT,高い,下げる,

 

 

肝パワーeプラス

・お試しセット980円
・販売数750万袋突破のロングセラーサプリ!
・モンドセレクション金賞の高品質!
国内産の牡蠣・ジャンボにんにく・南高梅を使用!

価格

容量

評価

4,860円⇒980円(税込)

1袋45粒(約30日分)

ALT,GPT,高い,下げる,

 

 

ALTやGPTが気になる人に一番オススメ!オルニパワーZnプラス

肝臓サプリメントはさまざまな種類がありますが、ALT/GPTが気になっている方にはオルニパワーZnプラスがオススメです。
なぜオルニパワーZnプラスが一番良いのでしょうか?

 

初回500円だから気軽に始められる

オルニパワーZnプラスは初回価格が、定期便による申し込みでたったの500円。他のサプリメントは安いもので1,000円からが一般的ですが、オルニパワーZnはワンコイン。
肝臓サプリメントが初めての方でも、気軽に飲み始めてもらいたい思いがこめられています。

 

オルニチン800mg、亜鉛12mgと高配合

有効成分オルニチンを800mgと高配合しているサプリメントはほとんどありません。
亜鉛も厚生労働省が推奨する摂取推奨量に合わせてあります。
業界でもトップクラスの配合量でとても効果を実感しやすくなっています。

 

定期便はスグ解約OK

オルニパワーZnプラスは500円という業界最安で購入できますが、購入縛りがありません。初月から解約または休止ができるので、「まず一袋・・・」と思っている方にもおすすめです。

 

30日間返金保証があるから安心

『効果があるのか不安…』『サプリメントは高いから手を出しにくい』そんな悩みを解決してくれる30日間の返金保証付きです。
まずは飲んでみて、どんな効果を実感できるのかお試しできます。

 

オルニパワーZnプラスならALT/GPTの数値が気になるあなたの悩みを解消してくれることでしょう。
公式ページでは口コミなども紹介しているので、合わせてぜひ、ご覧ください。

 

⇒オルニパワー公式ページへ

 

\初回特別価格500円&送料無料!!/

 

お悩み別リンク集

アルコールの影響

肝生検について

良い食べ物

>>クリック

>>クリック

>>クリック

症状

漢方薬情報

オルニチンの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック