脂肪肝の数値の特徴【ALT・AST・γ-GTP検査値情報】記事一覧

γ-GTPは肝臓の解毒作用に関係する酵素で、アルコールを過剰摂取したり、脂肪肝になったりしていると数値が高くなります。健康診断でも重要視されている検査項目のひとつです。γ-GTPと脂肪肝の関係性を知るとともに、高いγ-GTPを下げる方法をチェックしていくことにしましょう。

「総ビリルビンって何?数値が高い…」「どうして高くなってしまったのか?」「数値を下げる方法は?」「総ビリルビンが高いとどんな病気になるの?」などなど、高い原因・下げ方・疑われる病気、その他、総ビリルビン関連情報をまとめました。「疑問・不安」の解消にむけて、まず総ビリルビン情報をまとめていきましょう。ビリルビンとは?ビリルビンが作られて排出されるまでの流れビリルビンは、役目を果たした赤血球が姿を変え...

AST/GOT数値が高い方向けの数値を下げる・肝臓を元気にするための情報をまとめたページです。「健康診断で数値が高いと言われた…」「そもそもAST/GOTってなに?」「どんな病気になってしまうのだろう…」「今まで見て見ぬ振りをしていたけど大丈夫かな…」そんな不安な気持ちをなくすためにも、正しい知識をつけて対処していきましょう!!AST/GOTとはAST/GOTの意味GOTとASTは対象も意味も同じ...

このページは肝臓数値であるALT/GPTの数値に悪影響を及ぼす食事や生活習慣を知っていただくとともに、数値を下げるために取り組みたい食事方法や有効成分についてまとめています。ALT/GPTが高くなってしまう原因には乱れた食生活や運動不足などが挙げられますが、これまでの生活を見直すのはなかなか難しいものですよね。仕事の付き合いや息抜きは必要ですし、我慢ばかりでは長続きしにくくもなります。こちらではそ...

ここではウロビリノーゲンの気になる基準値や病気の症状について紹介しています。・尿検査で疑陽性で再検査に…・なんとなく体がダルい…毎日の健康のバロメーターである尿が気になる方は、肝臓の症状も合わせてチェックしてみてください。ウロビリノーゲンとはウロビリノーゲンとは血液に含まれるビリルビンが腸に排出され、細菌によって分解された物質です。ウロビリノーゲンは多くの場合便とともに排出されますが、一部肝臓へ戻...

肝臓の検査のひとつ、ZTTは肝臓が正常に働いているかを知るための検査項目です。標準的な健康診断で実施される項目ですから、この文字を見たことがある人は多いことでしょう。ZTTは硫酸亜鉛混濁試験またはクンケル混濁試験の略称で、血液中のたんぱく質の性質をみるための膠質反応という検査に分類されます。このページではZTTの基準値をもとに、数値からわかる病気リスクについて解説しています。近年、増加傾向にある脂...

このページでは、肝機能を調べるために行われる検査のひとつであるTTTの概要や数値の見方について解説しています。TTTはチモール混濁試験の略称で、肝機能が低下すると上昇するγ-グロブリンの量を測定する膠質反応検査のひとつです。主に、肝臓の状態を把握するために行われますが、脂肪肝や肝炎のような肝臓疾患を早期に発見できることもあります。健康診断などで検査できるTTTにはどんな意味があるのか気になる人も多...

このページでは、コレステロールについて解説しています。肥満の人はコレステロール値が高くなりやすい傾向にあります。健康診断で指摘されて、健康への不安を感じている人がもっとも多い検査項目です。『コレステロールが高いのでなんとかしなければ…』『脂肪肝とコレステロールにはどんな関係が?』コレステロールを調整しているのは肝臓です。今回は肝臓と関係の深いコレステロールについてまとめましたので、ぜひご覧下さい。...

脂肪肝と糖尿病は、併発しやすい疾患として代表的なものです。健康診断の結果、肝臓数値が思わしくなく「脂肪肝の恐れがあります」「脂肪肝予備軍なので注意してください」など言われて不安になった人も多いと思います。●最初は不安に思ったけど具合も悪くないし…●なんだかんだでまだ大丈夫ではないか?この油断が実は大きな命取りとなってしまうのです。脂肪肝だと血糖値は上がりやすくなる結論から言えば、脂肪肝の状態では血...