脂肪肝を改善するために抑えたい効率的な脂肪燃焼法

 

脂肪肝はこれまで、肥満傾向や飲酒の習慣がある人にみられる良性疾患だと考えられてきました。しかし、最近では万病の元になる疾患として注目され始めています。

 

脂肪肝の原因や症状、改善方法など詳しい情報をまとめました。脂肪肝への不安があったり肝臓数値が気になる方は必見です!

 

脂肪肝を改善するために行いたいこととは?
脂肪肝は食生活や生活習慣に影響を受けていることが多いため、改善するためにはこれらを見直すことが大切です。
ここでは脂肪肝改善のために行いたいことやメリット・デメリットなどをお話します。

食事による脂肪肝改善法【おさえておきたい脂肪燃焼成分】

食事といっても、食べ方・良い食べ物・悪い食べ物・食べるタイミングなど、取り組むべきことはさまざまにあります。

 

脂肪に変わりやすい成分の摂取を控える

脂質や糖質を控える

脂質や糖質を過剰摂取すると代謝が間に合わず中性脂肪となって肝臓に蓄積されてしまいます。

 

砂糖は消化や吸収がされにくい性質がありますのでできるだけ控えるようにします。
また、油分は植物性のものを使用するようにし、1日大さじ1〜2杯程度を限度にします。

 

たんぱく質を摂取する

良質なたんぱく質を適量摂るようにします。
ダメージを負った肝臓の修復材料になるのはたんぱく質です。
乳製品、大豆製品、魚類、鶏肉を中心に、バランスの良い品目を摂取すると良いでしょう。

 

食物繊維を積極的に摂取する

 

食物繊維は糖質や脂質の代謝を促進したり、食後の血糖値上昇を抑制する働きがあります。
食物繊維を多く含む野菜やきのこを1日350g以上摂るようにします。

 

摂取カロリーを調整する

1日に必要とされる摂取カロリーを知ることも大切です。

 

標準体重《身長(m)×(m)×22》×25〜30kcal

 

が適正な摂取カロリーの目安です。
必要以上のカロリーを摂ると脂肪として蓄えられてしまいますから、適正量を意識して食事するようにします。

 

脂肪肝改善に有効な組み合わせ

脂肪肝と診断されると、まずは食事療法を中心に指導されます。
これは食生活が脂肪肝に深く関わっているからであり、自宅である程度のコントロールが可能となります。

 

肝機能低下を改善する食材

脂肪肝による肝機能低下を改善する代表的な食材は以下の通りです。

 

・牡蠣
・しじみ
・青魚
・レバー
・ブロッコリー
・カボチャ
・果物
・ナッツ類
・大豆製品(豆腐、納豆、味噌など)

 

牡蠣やしじみにはタウリン、オルニチンという成分が豊富に含まれています。

 

タウリンは肝臓内の中性脂肪を排出する作用があり、オルニチンは肝機能であるアルコールの分解や解毒作用に消費される成分ですので、脂肪肝にはうってつけの食材です。

 

青魚にはDHAやEPAといったオメガ3脂肪酸が含まれており、コレステロールを下げる働きがあります。
ブロッコリーやカボチャ、ナッツ類には抗酸化作用をもつビタミンEが豊富です。

 

肝臓内に発生した活性酸素を取り除くことで、脂肪肝を発症するのを予防し、肝機能を正常化します。

 

レバーや大豆製品は良質かつ低カロリーなたんぱく質です。肝臓のエネルギーとなって機能を助けます。
果物には代謝機能を助けるビタミンCが多く含まれています。

 

相性の良い組み合わせ例と効果

脂肪肝改善に良い食べ物は組み合わせることによって相乗効果を発揮します。
いくつかの組み合わせ例をみてみましょう。

 

牡蠣/しじみ×味噌

 

大豆製品である味噌と牡蠣やしじみを組み合わせたみそ汁は、脂肪肝を改善することはもちろん、二日酔いにも効果があります。

 

貝類は加熱調理すると成分が煮汁に出てしまうので、みそ汁にして食べると効率的です。

 

ブロッコリー/カボチャ×植物性油脂

ビタミンEは脂溶性ビタミンのため油に溶けやすい性質を持っています。
ブロッコリーやカボチャなどを調理する際には、低カロリーの植物性油脂を使用することで吸収率が高まります。

 

果物×牡蠣

牡蠣に多く含まれる亜鉛、はビタミンCと組み合わせると吸収されやすく、抗酸化作用が高まります。

 

まとめ

【メリット】

 

食生活の改善は誰でも簡単に取り入れることができる方法です。
脂肪肝のほか、肥満や栄養不足を予防できます。

 

【デメリット】

 

バランスのとれた食生活にはある程度のコストがかかります。
また、市販されている惣菜や外食を食べることが多い場合には、油分が必要以上に使われている可能性があります。

脂肪肝改善法【アルコールを控える対策と肝機能を高める方法】

 

お酒に含まれるアルコールは中性脂肪の合成を促進する作用があります。
そのため、飲酒を繰り返していると血液中の中性脂肪が増え、肝臓に脂肪がつきやすくなります。

 

アルコールを飲まないだけでは【×】 飲んでもよい対策法

アルコールの適正量を守る

アルコールの1日の適正量は純アルコール20gです。
一般的なお酒に当てはめたときは以下のようになります。

 

ビール中びん 1本
ワイン 1/4本
日本酒 1合
缶チューハイ 1.5缶

 

アルコールの適正量を守り、飲み過ぎないように注意しましょう。

 

休肝日をつくる

毎日の飲酒は肝臓への負担が大きく、脂肪肝のリスクが高くなります。
普段からお酒を飲む習慣がある場合には、週に2日は飲酒しない休肝日を設けるようにします。

 

アルコールの吸収を抑制する

胃腸の粘膜を保護する作用をもつ牛乳やチーズ、たんぱく質である豆腐や刺身を食べるとアルコールの吸収が抑制されますので、おつまみにはこうした食べ物を選ぶようにします。

 

また、飲んだ後にはアルコール分解を助ける作用がある果物を食べましょう。100%果汁のジュースなどでも効果があります。

 

まとめ

【メリット】

 

アルコール性脂肪肝の改善がしやすく、アルコールを原因とするほかの病気の予防にもつながります。

 

【デメリット】

 

仕事などで飲酒する機会が多い人には実践しにくいでしょう。

運動を取り入れた脂肪肝改善法【脂肪燃焼を促進する成分】

 

摂取カロリーに対して消費カロリーが少ないと、使われなかったエネルギーが中性脂肪として蓄えられます。
一方、運動すると中性脂肪が消費されます。

 

脂肪肝は中性脂肪が肝臓に蓄積した状態を指すので、運動による対策はとっても有効です。

 

また、せっかく時間を割き、苦しい運動を行うのであれば、脂肪を効率よく減らすための食べ物・成分などもご紹介します。

 

有酸素運動の脂肪肝への有効性

中性脂肪などを燃焼しやすい運動方法が有酸素運動です。
ウォーキングやジョギング、スイミングなどを中心に、毎日有酸素運動を継続するようにします。

 

週に250分以上の運動を行う

脂肪燃焼に適した有酸素運動ではなくとも、週に250分以上のやや強めの運動を行うだけで脂肪肝の改善肝臓の炎症を防ぐ物質の増加といった効果があります。
階段の上り下りやストレッチなどを取り入れてみましょう。

 

早歩きを週に150分以上行う

週に150分以上の早歩きも肝臓の中性脂肪を減らし、脂肪肝を改善することができます。

 

通勤や買い物をするときには意識的に早歩きするようにします。

 

脂肪燃焼効果を高める方法【状態別】食材・成分

脂肪肝改善のために適度な運動を行うことも大切ですが、運動で脂肪を効率よく燃焼させるためにも、脂肪燃焼効果を高めてくれる食材・成分を意識して食べるのもお勧めです。

 

運動によって中性脂肪をエネルギーに変えて、効率的に脂肪燃焼することは脂肪肝改善の近道です。

 

運動不足が続いている方向けの対策

長期間運動不足が続いていると脂肪燃焼作用がある成長ホルモンや、アドレナリンの分泌量が少なくなっています。これらの分泌を促進する成分を取り入れましょう。

 

辛子に含まれる辛み成分であるカプサイシン、コーヒーなどに含まれるカフェインは、アドレナリンの分泌を促進してくれます。

 

成長ホルモンをつくりだす成分としてはオルニチン、チロシン、アルギニンがあります。
しじみやかつおぶし、高野豆腐に豊富に入っています。

 

脂肪がなかなか落ちない方向けの対策

運動をしていても脂肪がなかなか落ちない、という人は、脂肪を分解する機能がうまく働いていない可能性があります。

 

調理油に含まれるリノール酸、青魚に多く含まれるDHA・EPAは、脂肪分解を促進する効果があります。

 

エネルギー不足(疲れやすい)になりやすい方向けの対策

細胞内のミトコンドリアの活動が鈍っている人は、中性脂肪を効率よくエネルギーに変換することができません。
ミトコンドリアに脂肪を取り込ませる成分を摂りましょう。

 

お茶に多く含まれるカテキンはミトコンドリアを活性化する効果があります。
脂肪を運搬する役割を担っているL-カルニチンは肉類、マッシュル−ムで摂取できます。

 

 

脂肪燃焼効果をより高める方法

脂肪を効率的に燃焼するためには生活習慣や体質に合わせて、足りない成分を補うことがとても重要になります。
いくつかの成分を組み合わせて摂取するのも効果的です。

 

ビタミンB群は脂質や糖質、たんぱく質などの代謝を助ける作用がありますし、脂肪肝を改善してくれる成分と相性が良い優秀な栄養素です。

 

ビタミンB群はレバーや青魚、乳製品などに豊富に含まれますので、積極的に摂取するよう心がけてみましょう。

 

まとめ

【メリット】

 

運動によって筋肉が増えることで代謝機能が高まるので、肥満予防体力アップストレス発散などの効果があります。

 

場所や時間に合った運動方法を選ぶことができますから、日常生活で取り入れやすい脂肪肝の改善方法です。

 

【デメリット】

 

身体が不自由であったり、持病などにより運動制限がある場合には、運動そのものができないことがあります。

脂肪肝サプリメント・漢方を選ぶ前の予備知識

脂肪肝へ働きかける効能があるサプリメントや漢方は、病院で処方されるだけでなく市販で買うことが可能です。
脂肪肝の改善を助ける働きを持つ成分を取り入れることができます。

 

脂肪肝向けのサプリメント・漢方を選び方

脂肪肝サプリメントの選び方【成分】

肝臓のアルコール分解を助ける作用を持つ成分であるタウリンや、脂肪の分解に働きかけるオルニチンをはじめとして、肝臓の健康に欠かせない亜鉛、スルフォラファン、抗酸化作用や細胞修復作用を持つビタミン群、サポニン、アスタキサンチンなど、サプリメントで必要な栄養素を摂取する方法があります。

 

脂肪肝向け漢方の選び方【漢方の種類】

中性脂肪を排出しやすくする【大柴胡湯(だいさいことう)】、脂肪燃焼を助け、中性脂肪をエネルギー源として消費してくれる【防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)】や【桃核承気湯(とうかくじょうきとう)】は脂肪肝改善に適した漢方です。

 

脂肪肝サプリメント・漢方のメリットデメリット

サプリメント・漢方のメリット

食事や運動の改善と比較して手間が非常に少なく、必要な栄養素や成分を摂り入れることで効果的に脂肪肝を改善できます。

 

市販で購入できるものが多いため、自分の生活スタイルや悩みに合わせて、組み合わせたり選別しやすいでしょう。
毎日飲むだけなので長続きしやすい方法です。

 

サプリメント・漢方のデメリット

サプリメントや漢方は豊富にあるため、配合成分や価格をよく比較したうえで購入する必要があります。
また、食事で同量の成分を摂取するのと比べて費用が安く済みますが、ある程度のコストがかかるという点は踏まえておきましょう。

【当サイト推奨】脂肪肝サプリメント

ここでは脂肪肝を効果的に改善できるとして人気のサプリメントをご紹介します。

 

オルニパワーZnプラス
脂肪肝の改善・対策【肝臓サプリメント・食事・運動】マニュアル

◆オルニパワーZnプラスの概要◆
●【ロングヒット!】
⇒当サイト売り上げ第1位
●【業界最高!】
⇒亜鉛12mg&オルニチン800mg配合!
●【割引率83%!】
⇒初回購入4,000円以上引き
●【ワンコインのみ!】
送料+税込み
●【リスクなし!】
30日間の返金保証】付き!
【めんどくさくない!】
⇒定期コースは初月から解約可能!

価格

容量

評価

4,860円500円

約30日分

脂肪肝,改善,対策,

 

 

 

 

レバリズムL

◆肝臓数値はレバリズムにおまかせ!◆
・初回購入者5,000円引き!
97%のお客様満足度
亜鉛しじみスクワレンの3パワー
・実感できる大容量30日分
定期コースでも初月解約可能

 

価格

容量

評価

5980円980円

約30日分

脂肪肝,改善,対策,

 

 

 

 

セラクルミン

・初回購入者70%オフ
・肝臓数値改善の為の機能性表示食品
・γ-GTP ALT ASTの数値改善効果
・クルクミンの27倍のパワー

 

◆クルクミンの働き◆
・悪酔い・二日酔い予防
・コレステロール排出効果

 

 

価格

容量

評価

9,980円⇒2,980円

1ヶ月分(60粒)

脂肪肝,改善,対策,

 

 

脂肪肝の意味と種類・特徴について

脂肪肝というのはなんらかの原因によって中性脂肪が燃焼・排出されず、肝細胞に脂質が過剰に蓄積されてしまい、全肝細胞の30%以上に脂肪がついている状態のことを指します。

 

現在、日本国内における脂肪肝の患者数は3000万人以上です。
成人では4人に1人の割合で脂肪肝がありますから、国民病と言っても過言ではありません。

 

脂肪肝はメタボリックシンドローム(肥満)との関係が指摘されており、アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝の2種類に大きく分けられます。
男女比率では男性の方がやや高めではありますが、非アルコール性脂肪肝は女性に多く見られます。

 

脂肪肝が長期間続くと、日常生活に支障をきたすような肝機能障害や、肝炎肝硬変などの肝臓病へと進行する可能性があります。

 

脂肪肝は肝臓に中性脂肪が蓄積されているだけの状態ですが、悪化すると肝臓が炎症を起こして脂肪肝炎へと進行することがあります。
脂肪肝炎は2種類に大別されますので、それぞれの特徴をみることにしましょう。

 

アルコール性脂肪肝炎

 

アルコール性脂肪肝炎は肝機能が低下した脂肪肝が、アルコールを分解するときに生成される有害物質アセトアルデヒドにより、肝細胞が傷ついたり破壊されることで炎症を起こした状態です。

 

アルコール性脂肪肝炎になる人は慢性的に飲酒の習慣があり、大量に飲酒したあとで発症する傾向がみられます。

 

アルコール性脂肪肝炎の場合には、

 

・食欲不振
・だるさや倦怠感
・発熱

 

といった症状がみられることが多いですが、炎症が強いときには右上腹部の痛み黄疸尿の色が濃くなるなど、はっきりとした症状があらわれることもあります。

 

アルコール性脂肪肝炎の数値的特長

血液検査では以下のような所見がみられます。

 

・ASTの数値が200IU/L単位以上
・白血球の増加
・血小板の減少
・アルブミンの減少
・クレアチニンの上昇

 

アルコール性脂肪肝炎を一度発症すると、肝臓数値や症状が改善したとしても、飲酒するたびに肝炎を起こします。

 

肝炎を繰り返しているうちに肝硬変へと進行する恐れがありますので、治療のためには禁酒することが大切です。

 

自発的な禁酒が難しい場合にはアルコール依存症を治療して、お酒を飲まないように管理していく必要があります。
アルコール性脂肪肝炎は重症化すると命に関わる危険性がありますから、早期発見・治療と禁酒しなくてはなりません。

 

非アルコール性脂肪肝炎

 

非アルコール性脂肪肝炎は『NASH』とも呼ばれる肝障害です。
原因とされているのは肥満ストレス生活習慣の乱れであり、アルコールを飲まない人でも発症する脂肪肝炎です。

 

非アルコール性脂肪肝炎は日本国内でおよそ100万人が患っており、ここ10年で患者数が2〜3倍に増えていることから、近年増加傾向にある肝臓病として注目されています。

 

非アルコール性脂肪肝炎の症状は

 

・疲れやすさや倦怠感
・肩こり
・頭がぼーっとする
・動悸や息切れがある

 

などがあります。

 

非アルコール性脂肪肝炎の診断基準

非アルコール性脂肪肝炎の診断基準は主に以下の通りです。

 

・ALTの数値が30IU/L単位以上
・ALTがASTよりも高い
・尿酸が高い
・インスリンが高い
・血清フェリチンが高い
・非飲酒者である

 

診断の際には肝臓の細胞を採取する肝生検が必須となります。
肝生検によって肝細胞内の脂肪量、炎症の程度、線維化の進行などを詳しく調べ、他の肝障害や脂肪肝の特徴と比較することになります。

 

非アルコール性脂肪肝炎は肥満体型に多くみられると言われていましたが、最近ではダイエットによるストレス栄養不足が原因になることも多く、痩せ型であっても発症する可能性があります

 

発症年齢は中高年以降が大半を占めますが、20〜30代でも発症しますので、肝臓数値をよく観察する必要があります。

脂肪肝の症状について【沈黙の臓器といわれているけど…】

 

肝臓は私たちの臓器のなかでも非常にタフなことで知られています。

 

多少の異常があったとしても機能し続けることができますので、脂肪肝になっていても自覚症状がまったくないケースもありますが、脂肪肝が進行するとみられる特徴的な症状をみていきましょう。

 

直接的なもの

むくみや腹部膨張感

肝機能が弱まってくると体内に水分や老廃物が蓄積しやすくなるため、むくみ腹部膨張感、さらには腹水などがみられるようになります。

 

疲れやすさ・倦怠感

肝臓には活動に必要なエネルギーを生成する働きがあります。

 

間接的なもの

黄疸

皮膚や眼球の白目部分が黄色になる症状です。
これは肝機能が低下することによって血液中にビリルビンという色素が増えて、手足や白目に黄色の色素が沈着するのが原因です。

 

肝機能が正常に働かないとエネルギー不足になり、疲労回復が間に合わないため、疲れやすく、慢性的に倦怠感を感じます。

 

くも状血管腫

脂肪肝から慢性肝炎や肝硬変を引き起こすとみられる症状です。
肝機能に異常があり、血液中のエストロゲンが上昇することで、血管が拡張されて手のひらが斑状に赤くなります。

 

皮膚のかゆみ

血液中のビリルビンや胆汁酸などの物質が増えることにより、皮膚の末梢神経が刺激されてかゆみを感じることがあります。

脂肪肝になりやすい4大原因とは?

脂肪肝にはさまざまな原因が考えられますが、4大原因とも呼ばれるものについてお話したいと思います。

 

肥満

肥満体型あるいは肥満傾向にある人は体内の中性脂肪が多い状態です。

 

中性脂肪は本来、肝臓や筋肉の働きによってエネルギーへと変換されますが、高カロリー・高コレステロールな食生活を続けていると摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまうために、中性脂肪が集まりやすい肝臓に脂肪が蓄積されます。

 

BMI(肥満指数)が25%以上の場合は肥満であり、成人男性では3人に1人が肥満または肥満傾向ですので、脂肪肝になるリスクも高くなります。

 

肥満が原因となる非アルコール性脂肪肝は増加しており、食生活の欧米化や不規則な生活リズムが要因とされています。

 

 

糖尿病

3大生活習慣病のひとつである糖尿病もまた、脂肪肝の原因になります。

 

糖尿病は血液中のブドウ糖を肝臓へ送り込んで、血糖値を下げるインスリンの働きが不十分になる病気です。

 

インスリンが正常に働かないことでブドウ糖が消費されにくくなりますので、肥満になりやすく、脂肪肝を引き起こす恐れが高くなります。
糖尿病のうち95%以上を占めるのが2型糖尿病です。

 

原因としては暴飲暴食、ストレス、運動不足、肥満などがあり、生活習慣の影響を大きく受けています。
糖尿病は脂肪肝の原因ですが、脂肪肝が糖尿病を招くこともあります。

 

相互作用によって悪化する可能性が高いので、片方もしくは両方発症している場合には早めに治療することが望ましいでしょう。

 

アルコール

脂肪肝のうち、アルコール性脂肪肝の原因となるのがアルコールです。

 

体内に取り込まれたアルコールは肝臓に運ばれて、肝機能によって無毒化されて体外へと排出される仕組みになっていますが、アルコールの代謝・解毒そのものが肝臓に大きな負担をかけてしまうため、肝機能が正常に働かなくなって脂肪肝を引き起こします。

 

また、アルコールの解毒は脂肪代謝よりも優先される性質があります。
そのため日常的にアルコールを摂取していると脂肪が貯まりやすくなり、脂肪肝になってしまうこともあるのです。

 

少し飲み過ぎてしまった程度であれば二日酔い程度で治まりますが、大量の飲酒を続けると肝臓に炎症を起こして肝炎になることもあります。

 

その他

肝臓は代謝を担う臓器であるため、薬剤の影響を受けやすくなっています。

 

薬剤の副作用によって肝機能障害が引き起こされ代謝機能が低下して脂肪肝になることもあります。

 

薬剤性脂肪肝の原因となりうるのは

 

・抗生物質
・抗ガン剤
・ステロイド剤
・精神神経系の薬剤
・解熱鎮痛剤

 

などがあります。

 

薬剤の服用を中止すると症状が改善されることもありますが、持病の治療に必要で服用している場合には薬剤を変更したり、同時治療を行うことになります。

 

このほか、脂肪肝を引き起こす原因としては妊娠や栄養不足、甲状腺機能亢進症や内分泌疾患などがあります。

肝臓数値から分かる脂肪肝について

 

健康診断の血液検査項目には肝機能を調べるための肝機能検査があります。

 

これは肝臓と関わりがある成分の血中濃度を計測することによって、肝臓の異常や病気を見つけるために行われます。

 

 

γ-GTP

アルコール性脂肪肝を判断する材料となるのがγ-GTPです。

 

γ-GTPは主に肝臓や腎臓でつくられる酵素であり、エネルギー代謝やたんぱく質の分解・合成、解毒などに関わっています。

 

γ-GTPは毒性のある薬剤アルコールを慢性的に摂取している場合や、なんらかの原因で胆管が閉塞した場合に高い数値を示します。
これはγ-GTPが肝臓または胆管の細胞が壊れた時に血中濃度が上がるためです。

 

後述するほかの肝臓数値と併せて異常値がみられた場合には、アルコール性脂肪肝であると診断されます。

 

γ-GTPだけが高い場合には胆管になんらかの障害がある可能性が高くなります。

 

γ-GTP基準値

γ-GTPの基準値は

 

・男性 50IU/L単位以下
・女性 30IU/L単位以下

 

となります。

 

数値からみる疾患のリスク

100IU/L単位以上の場合には脂肪肝
200IU/L単位以上ではアルコール性肝炎や肝硬変に進行している恐れがあります。

 

γ-GTPはアルコールの影響を強く受ける酵素であるため、検査前に飲酒していれば一時的に高くなることもあります。
禁酒してγ-GTPが正常範囲内に下がれば問題はありません。

 

また、薬剤の影響によってγ-GTPが高くなることもあります。
抗うつ剤などの薬剤に含まれる有害物質に反応して、胆道などで過剰に生成される性質があるためです。

 

いずれにしろ、γ-GTPの数値が高ければ肝機能障害を疑い、原因を調べるために再検査を行うことになります。

 

⇒さらに詳しいγ-GTPページへ

 

ALT(GPT)

ALT(GPT)はアラニンアミノトランスフェラーゼという酵素です。
ALT(GPT)のほとんどは肝臓内に存在しており、アミノ酸を作りだす働きがあります。

 

以前まではGPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)と呼ばれていましたが、国際基準に合わせて現在はALTと統一して表記されるようになってきています。

 

ALT(GPT)は肝臓特有の酵素と言ってもいいものです。肝細胞でつくられたALT(GPT)はアミノ酸を合成したり、エネルギー代謝を行うときに重要な働きをしています。

 

しかし、肝臓になんらかの異常があるとALT(GPT)が血液中に流れ出しますので、肝臓の異常を見つけるための肝臓数値となっているわけでず。

 

ALT(GPT)の基準値

ALTの基準値は30IU/L単位以下です。

 

後述しますが、ALTはASTの数値と比較することによって、どんな種類の肝障害が起こっているのかある程度予測することができます。

 

ALT(GPT)と他の数値との比較からみる病気リスク

ALT(GPT)だけが異常値を示している場合には肝臓への負担が大きいことが考えられます。

 

明らかに基準値より高い数値を示しているときには、肝臓に異常がある可能性がとても高いでしょう。

 

ALT(GPT)が高くなる原因は主に体内へのウイルスの侵入アルコールの過剰摂取です。
脂肪肝やウイルス性肝炎の場合には治療を行ったり、禁酒や禁煙、食生活の改善によって数値が下がることがあります。

 

⇒さらに詳しいALT(GPT)ページへ

 

AST(GOT)

AST(GOT)はアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼという酵素です。

 

こちらもALT同様に、以前はGOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)と呼ばれていましたが現在はASTと表記されています。
AST(GOT)は肝細胞のほか、心臓や腎臓などの臓器にも存在する酵素です。

 

肝臓内ではアミノ酸の合成、エネルギー代謝などに関わっています。
肝細胞がなんらかの原因で壊れると血液中に流れ出しますので、AST(GOT)の数値が高い場合には肝障害が起きている可能性が考えられます。

 

AST(GOT)の基準値は30IU/L単位以下です。
AST(GOT)は肝臓以外にも存在するため、これだけが高い数値を示す場合には、他の臓器に異常があると考えられるでしょう。

 

数値ごとの病気リスク

40〜100IU/L単位では脂肪肝や初期の肝炎
100〜500IU/L単位では肝炎や肝硬変
500IU/L単位以上で薬剤性肝炎アルコール性肝炎
1000IU/L単位以上では劇症肝炎

 

といったように数値によって病気の種類がある程度特定できます。
AST(GOT)はALTの数値との比較が非常に重要となります。
AST(GOT)とALTがどちらも高い数値を示す場合には脂肪肝や肝炎の疑いが強く、AST(GOT)が特に高い場合では肝硬変肝臓がんの可能性があります。

 

慢性的にAST(GOT)が高い数値を示しているのであれば、運動不足や睡眠不足を解消し、ストレスを発散しつつ、暴飲暴食をしないようにして肝臓の負担を減らします。

 

⇒さらに詳しいAST(GOT)ページへ

 

お悩み別リンク集

アルコールの影響

肝生検について

良い食べ物

>>クリック

>>クリック

>>クリック

症状

漢方薬情報

オルニチンの効果

>>クリック

>>クリック

>>クリック

脂肪肝の改善・対策【肝臓サプリメント・食事・運動】マニュアル記事一覧

このページは、脂肪肝に効果的なサプリを選ぶ指南書になっています。「肝臓の数値が気になっていてサプリを始めたいけど…」「色々なサプリがあるから、どうやって選べば…」「本当に脂肪肝に効果があるのかな…」脂肪肝が気になっていてサプリメントを始めたいけど、何を選んでいいのかわからない方の為に、上手な選び方や効果がある理由、食事よりもサプリがおすすめできる理由を解説しています。脂肪肝や肝臓の数値に悩みがある...

このページでは、脂肪肝を漢方で改善するための情報をお伝えします。「薬やサプリも気になるけど漢方で対処してみたい」「脂肪肝のための漢方を選ぶポイントは?」等、漢方には興味があるけれど、実態がよくわからなくて購入できない悩みがある方は是非ごらんください。漢方薬ってそもそも何なの?漢方は中国伝来の治療法です。現在日本に流通している漢方は、中国伝来の医学をベースに日本人の風土や体質に合わせ独自の進化をして...